CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
Time
最近の写真

-天気予報コム-
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Hagu-Rの鉄道日記

VRMやらなんやら…バナーも作ってるそんな鉄道好きのHagu-Rページです。南海電鉄関係も充実させたいです。
<< VRM4のアップデータ | main | 臨時急行 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
カーブレールの種類を豊富にするには
レール/曲線(15)のIMAGIC規格のカーブレールはR257mm、R291mm、R325mm、R359mm…R597mm、R631mmと数値が34mmずつ大きくなっています。このことについては45-50sさんが言っていた複線区間の幅が34mmということに関係してくると思います。
また、これとは別にR742mmのレールもあります。つまりR631mmとR742mmの間にR665mmとR699mmのカーブレールが存在していないことになります。
ただ、フレキシブルレールという物が存在するので作れないことはありません。しかし、いくら34mmの間隔を保とうとしてもなかなか保てません。
なにか解決策は無いのでしょうか?
もしこれをうまく使いこなせるようになれば、等間隔のR776mm、R810mm、R844mmといった広い半径のカーブレールを作ることができますし…

とりあえず既存のカーブレールとフレキシブルレールで作った同じ半径になるカーブレールを3本重ねてみました。



最初は重なっているが…

終端に近づくにつれて太くなってゆき

とうとうかなりの間隔が開いてしまう。
| VRM | 09:00 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - |









http://hagu-r.jugem.jp/trackback/54
フレキで大半径
Hagu-Rさんがフレキシブルレールを使ってカーブレールの種類を増やすというアイディアを示されています。 これまで自分は、フレキシブルレールは自由に曲げられるのだから既存の規格以外のフリーなレールとして使う、というところ以外に目が行かなかったのですが、確
| such a cool | 2006/05/06 11:47 PM |